はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

Nreal Airを買ったのでARCoreを使って6DoF化してみる

前回: hatsune.hatenablog.jp 準備 開発環境 Unity 2021.3.15f1 Visual Studio 2022 (Community 2019なども可) NRSDK 1.10.5 環境整備:詳細は前回参照 NRSDKのインポート NRSDKのTipsのFix GraphicsAPI is not OpenGLES3の対応 1.10.0でもOpenGLES3のFixに…

.NET(旧名称.NET Core)アプリの配布方法について(勘違いしていたので)

.NET 5以降のフレームワークでWindowsアプリ(以下、.NET Coreアプリ)を作成したとき、配布した実行可能ファイルが.NET Frameworkのときとは異なっている点を最近まできちんと把握していなかったので、忘備録代わりに投稿します。 .NET Coreアプリの2つの展…

ARFoundationで平面検知できたのでオブジェクトを落としてみよう

前回: hatsune.hatenablog.jp 前回は、ARFoundationを使って平面検知をするアプリを作ってみました。 この平面検知ですが、検知した結果を表示するだけではなく、RigidBody(物理機能)をつけたオブジェクトを落とせば、検知した平面と干渉して、現実の床の…

Nreal Airを買ったので、まずはARFoudationだけ試してみる

はじめに 3DoFと6DoF Nreal Airは3DoF(視線方向の回転や傾き検知)ができますが、Nreal Lightの6DoF nのように「移動」を検知できません。 ですから、360°空間に配置した仮想オブジェクトがそこにあるように魅せることはできますが、そのオブジェクトに近づ…

Nreal Airを買ったので空中の立方体がくるくる回るアプリを作ろう

前回: hatsune.hatenablog.jp 準備 開発環境 Unity 2021.3.14f1 Visual Studio 2022 (Community 2019なども可) NRSDK 1.9.5 環境整備:詳細は前回参照 NRSDKのインポート NRSDKのTipsのFix GraphicsAPI is not OpenGLES3の対応 新規プロジェクト作成 Unity …

Nreal Airを買ったのでアプリを作る準備しよう

Nreal Airは、適合するAndroid端末に繋いで使用するARグラスです。 Amazon.co.jp: Nreal Air /ARグラス/スマートグラス/どこにでも持ち歩ける最大201インチ大画面/TUV認証取得(目に優しい)/ステレオサウンドのデュアルスピーカー/ノイズキャンセリングマイク…

Microsoftの製品ドキュメントはdocsからlearnへ

Microsoftの製品ドキュメントは、docs.microsoft.com~というサイトで参照できましたが、learn.microsoft.comと先頭がlearnに変わっています。 learnといえば今までは学習コンテンツが充実していて、認定試験対策などでよく使っていて、以前は、docsのなかに…

いよいよMicrosoft Ignite 2022が来週に迫ってきました。

北米現地時間で10/12~13、日本時間で10/13~10/14にMicrosoft Ignite 2022が開催されます。 ignite.microsoft.com シアトル現地とオンラインのハイブリット開催となっています。 現地開催は、本当に久しぶりですね。 まずは、日本時間の10/13 01:00からの基…

M5StickC Plusで.NET nanoFrameworkからGROVE端子を使ってみた

前回 hatsune.hatenablog.jp 前回はNTPを使った時刻合わせと表示の方法について紹介しました。 今回は、HY2.0-4P(GROVE端子)を.NET nanoFrameworkから使う方法について紹介します。 事前準備 センサーについて この記事で使用するセンサーは、M5Stackユニ…

.NET nanoFramework ExtensionとVisual Studio 2022をすぐに更新して最新にしよう!

北米8/16(日本時間で8/17)に「Visual Studio 2022 version 17.3.1」がリリースされました。 同時に.NET nanoFramework Extensionも「.NET nanoFramework VS Extension v2022.2.0.33」に更新されました。 ここ数日、実は.NET nanoFrameworkのプロジェクトを…

2022/08/14現在のnanoFramework.M5StickCPlusライブラリのバージョンについて

ファームウェアのバージョンは「1.0.8.0.479」となります。

.NET nanoFrameworkでM5StickC Plusの時刻合わせをしてみる

前回 hatsune.hatenablog.jp前回は7セグメントでの数字表示の最適化について説明しました。 今回は、その最適化を活用して「時刻合わせ」および「時刻表示」について説明します。 事前準備 Install the nanoFramework firmware M5StickC PlusにはnanoFramew…

ドット絵を描くにはExcel方眼紙が最強

.NET nanoFrameworkで7セグメント表示を行うサンプルコードの中でマジックナンバーだらけです。 nanoFramework.M5StickCPlus.RTCSample.Lcd7Segment.cs · GitHub特に縦セグメントを描画するDisplaySegV、横セグメントを描画するDisplaySegHなどは最たるもの…

.NET nanoFrameworkでのM5StickC Plusの描画について考察してみる

前回 hatsune.hatenablog.jp前回は、取得した加速度をグラフとしてM5StickC Plusの画面に描画しました。 その予告で次回はRTC(RealTimeClock)について取り上げるとしましたが、その前にM5StickC Plusでの描画の最適化について考えてみたいと思います。 発…

.NET nanoFrameworkで色指定の定義値がRedとBlueで逆なのかもしれない

.NET nanoFrameworkで作成していて、テキストカラーを指定したいときは次のように指定します。 Console.ForegroundColor = nanoFramework.Presentation.Media.Color.White; 赤なら「Color.Red」青なら「Colre.Blue」と指定します。 M5StickC Plusだと指定し…

.NET nanoFrameworkでM5StickC Plusにグラフを描画してみる

前回 hatsune.hatenablog.jp 前回は、.NET nanoFrameworkで加速度と角速度の情報を取得しました。 今回は、取得した加速度をグラフとしてM5StickC Plusの画面に描画します。 事前準備 Install the nanoFramework firmware M5StickC PlusにはnanoFrameworkは…

.NET nanoFrameworkでM5StickC Plusの加速度と角加速度を取得してみる

前回 hatsune.hatenablog.jp 前回は、.NET nanoFrameworkで電源状態を取得しました。 今回は、加速度と角速度の情報を取得します。 事前準備 Install the nanoFramework firmware M5StickC PlusにはnanoFrameworkは標準インストールされていないので、nanoFr…

2022/08/06現在のnanoFramework.M5StickCPlusライブラリのバージョンについて

2022/08/06 (日本時間は多分2022/08/07)にnanoFramework.M5StickCPlusライブラリの最新バージョンは「v1.1.32」となっています。 また、ファームウェアのバージョンは、「1.8.0.469」となります。

「nanoFramework.M5StickCPlus」ライブラリが更新されて、「M5StickCPlus.Led」のエラーが解消されました。

hatsune.hatenablog.jp 2022/7/31に公開した上記の記事の中で、「M5StickCPlus.Led」を実行するとNullエラーが発生するのでGpioのPin10を使ったコードを独自に記載してLEDを光らせるようにしていると記述しています。この問題ですが、2022/08/03で公開された…

.NET nanoFramework 話は逸れますが…

M5StackC Plusで動作するプログラムを.NET nanoFrameworkで作っていて、ちょっと困ることがあります。 .NET nanoFrameworkでは、画面のローテートとか、文字サイズの変更というArduinoではできているものがなくてちょっと困ってます。### 画面の向き(Arduin…

.NET nanoFrameworkでM5StickC Plusの電源状態を取得してみる

前回 hatsune.hatenablog.jp前回は、.NET nanoFrameworkでのLEDを光らせてみました。 事前準備 Install the nanoFramework firmware M5StickC PlusにはnanoFrameworkは標準インストールされていないので、nanoFrameworkをインストールします。 接続ポート番…

.NET nanoFrameworkでM5StickC PlusのLEDを光らしてみる

前回 hatsune.hatenablog.jp前回は、.NET nanoFrameworkでのブザーを鳴らしてみました。 今回はM5StickC Plus本体に内蔵されているLEDを光らしてみたいと思います。 更新情報 下記の文中で「M5StickCPlus.Led」を実行するとNullエラーが発生するとの記載をし…

.NET nanoFrameworkでM5StickC Plusのブザーを鳴らしてみる

前回 hatsune.hatenablog.jp 前回は、.NET nanoFrameworkでの開発準備とM5StickC Plusでの簡単なアプリの実行まで実施しました。 今回は、M5StickC Plus本体に内蔵されているブザーを鳴らしてみたいと思います。 事前準備 Install the nanoFramework firmwar…

.NET nanoFrameworkでM5StickC Plusを使ってみる

今回は、.NET nanoFrameworkから、M5Stack Core 2と同じM5シリーズの1つであるM5StickC Plusを使ってみましょう。 M5StickC Plusとは M5StickC Plusは、ESP32-PICO-D4を搭載し、赤外線、RTC(real-time clock)、マイクロフォン、LED、6軸IMU(Inertial Mea…

M5Stackで.NET nanoFrameworkからAzure IoT Centralに繋いでみた

前回 前回は、M5Stack Core 2からAzure IoT Hubに取得したセンサー値を送信しました。 hatsune.hatenablog.jp Azure IoT Hubは、デバイスからのセンサー値を安全に収集する目的のPaaSなので、収集したデータの蓄積や利用などは、他のAzureサービスを組み合わ…

M5Stackで.NET nanoFrameworkからAzure IoT Hubに繋いでみた

前回 hatsune.hatenablog.jp 前回は、.NET nanoFrameworkでの開発準備とM5Stack Core 2に接続したセンサーから気圧、気温、湿度などを取得しました。 今回は、M5Stack Core 2からAzure IoT Hubに取得したセンサー値を送信してみたいと思います。 事前準備 セ…

M5Stack Core 2で始めるAzure IoT Hub入門(その5)

すっかり書いた気になっていたM5Stack Core 2でArduinoを使って、Azure IoT Hubにデータを送信するお話となります。 いま、.NET nanoFrameworkを使って同じ流れをおさらいしていますが、まずは、そこに先行して、こちらのお話を完結させたいと思います。 前…

Microsoft MVP for Windows Developmentを再受賞しました。

2022-2023 Microsoft MVP for Windows Developmentを受賞しました。 2008年から15年連続となります。 コロナ禍での影響で今までの形での活動からチェンジが必要だったり、昨年は自動再受賞だったのでチェンジした活動がコミュニティに貢献できていたのか暗中…

M5Stack Core 2で基本に帰ってLチカしてみよう

初めに PORT.A.I2Cは、I2Cシリアル通信をサポートしているので接続しているモジュールのアドレスが分かると、あとはデザインシートをよみとってセンサー値の取得ができます。 運が良ければ、モジュールに対応したライブラリが公開されているので、そうすると…

M5Stackで.NET nanoFrameworkからセンサー使ってみた

前回 hatsune.hatenablog.jp前回は、.NET nanoFrameworkでの開発準備とM5Stack Core 2での簡単なアプリの実行まで実施しました。 今回は、M5Stack Core 2のPORT Aと呼ばれる外部端子にセンサーを接続して、気圧や気温、湿度などを画面に表示してみたいと思い…