読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

MicrosoftのTranslator Text APIもDNN翻訳に対応しています(しかももっと簡単にお安く)

https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_japan_corporate_blog/2016/11/24/161124-microsoft-translator/

上記より抜粋

--

ニューラル ネットワークによる翻訳は、音声 API およびテキスト API を使用する開発者が使用できます。

  • 本日より、音声 API 呼び出しでは、すべてニューラル ネットワークが利用されます。
  • テキスト API 呼び出しでは、標準カテゴリー (標準カテゴリーの詳細についてはこちらを参照してください:英語)「generalnn」を使用し、サポートされている 10 言語の任意の組み合わせを使用することで、ニューラル ネットワークを利用できるようになります。

--

ということで、Microsoft Azure Translator Text APIであればFreeプランであってもCategolyにgeneralnnって指定するだけでニューラルネットワークによる翻訳がビシバシ使えちゃいます。

これ使わない手はないですねほんと。

 

Translator Text APIを使うためにはAzure Poralでキーを取得したら、コードでキーからトークンを作ります。

トークンの作り方はこちら。

https://github.com/MicrosoftTranslator/GetAzureToken

 

トークンができたらそれをAuthorizatonヘッダに設定して

http://api.microsofttranslator.com/v2/Http.svc/Translate?text={0}&from=|1|&to={2}

のような感じで呼び出せば翻訳結果を取得できます({0}には翻訳したい原文、{1}にはjpなどの原文言語コード、{2}にはenなどの翻訳先言語コード)。