読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

最近のMSに対する的確な言葉。それは「真摯」だと思う。

開発者というか、モノを作る人というのは実に単純なのです。

人の喜ぶ顔が見たい。自分のプロダクトが誰かの役に立つのはうれしい。

 

だからこそ、なんかを解決するプロダクトを作るというのはワクワクするし、協力したくなる。

マイクロソフトの//build 2016のキーノートの最後で、視覚障碍者をサポートする技術がビデオ紹介された。

そのビデオが流れると、長丁場でちょっとだらけていた空気が一変した。

そこにあるのは、そういった技術にコミットしたマイクロソフトを称賛するだけなのではなく、そうだこれだよ!作りたかったものは!という開発者の気持ちの再確認だったに違いない。

 

及川さんはブログの中で「肉食系だったマイクロソフトが紳士になった」と書かれていた。

これは、及川さんが//build 2016会場で、MS CTOの榊原さんやMSエヴァのチャック井上さんと一緒に出演していたChannel 9日本向けLive放送でおっしゃっていた言葉だ。

偶然にもその場にいたので、生でその言葉を聞いたが、そこで浮かんだ漢字は「紳士」以上に「真摯」というワードでした。

それは、最近のマイクロソフトの動き、それも米国本社の動きをみていると、対決姿勢ではなくて「人の喜ぶ顔が見たい。自分のプロダクトが誰かの役に立つのはうれしい。」という視点にたって技術そのものに真摯に向き合っているように感じていたからかもしれない。

冒頭で書いたようにそれはまさに我々開発者の根っこにある気持ちであり、「さあ、一緒にやっていこうよ!」と開発者の方を抱き寄せ、敵ではなく未来に向かって歩き始めるような心地いい関係に他ならない。