読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

i和designに作品を展示してきました。

2015/6/27(土)に多摩市立愛和小学校で開催されたi和designに「Plarace」という作品を展示して、小学生にプレゼンしてきました。

作品概要

Kinect V2で同時に2人までの体の動きを検出し、より速く走るモーションに近い方が早くプラレール車両を走らせることができてレースに勝てるという作品です。

11537584_10204480730525864_8002772209729205669_o

作品構成

Kinect v2 → Windows 8.1 PC → BLEユニット + .NET Micro Framework + モーターコントローラー + プラレール車両

11667329_10204469826573272_4701544608940631180_n

スタートとゴールはグランドステーションを改造して複線同時にストップレールをコントロールできるようになっています。

プレイ風景

11707754_10204480728965825_2113150164917231135_o

11709796_10204480730045852_2214141801417815086_o

Kinect的には2人それぞれを画像トリミングして、1人づつ左右の表示位置の中心にくるようにトラッキングしつづけられる点が技術的な特徴です。

スタートする前にちょっとうごいてみてーといって、動いても常に自分が中心に映っている(左右逆になってもOK)のをみてスタート前にテンション上がりまくりますね(特に女子小学生)。

 

今回、小学1年生については授業時間を使って授業の一環としての体験会でしたので、どのような車両が動くかも説明しました。

11145015_10204480728325809_7893565358160581098_o

自分が持っているプラレール車両の中とは全然違う構造の説明に真剣に話を聞きいる小学生。

この経験が電子工作やメイカー、システム開発者へ繋がってくれるとうれしいですね。