読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

WindowsストアアプリでComponentOne StudioのC1Mapsを使った例が公開されました

Bing Mapsよりも使いやすい? ComponentOne Studioの地図コンポーネントでストアアプリを作ろう

--

 Windowsストアアプリで地図を扱うときの王道は、Bing Map SDKを使用することです。しかし、Bing Maps SDKを使用する場合、プラットフォームとして「Any CPU」が選択できなくなるため、構成マネージャーで明示的にVisual Studioと同じx86プラットフォームを明示的に指定してデバッグ実行を行います。また、ストアに申請するときも、x86x64、ARMの3タイプを同時に登録します。

 ComponentOne Studioの地図コンポーネントを使えば、このような煩雑は不要で「Any CPU」でデバッグ実行が可能です。

--

WindowsストアアプリでComponentOne StudioのC1Mapsを使った例になります。