読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

Xamarinで始めるAndroidアプリ作成(その1)

build 2016で発表があったようにVisual StudioユーザーであればXamarinは無料で使えます。

例外は、企業ユーザーでVisual Studio Expressを使っている開発者さんだけですね。

個人開発者やOSS開発者であえば、Xamarinのサイトから無償のVisual Studio Community Edition + Xamarinをダウンロードすればよいですし、有償のVisual Studio (EnterpriseとかProfessional)をお使いであれば、XamarinサイトからXamarin for Visual Studioがダウンロードできます。

https://www.xamarin.com/download

 

OSはWindows 7 SP1以上で使えますが、おすすめはもういっそのこと無償アップグレードできるんですからWindows 10に上げてしまうことです。

 

Visual Studio Enterprise 2015だと次のような機能にチェックをつけてインストールするといいでしょう。

  :

  :

■ユニバーサルWindowsアプリ開発ツール

Windows 8.1およびWindows Phone 8.0/8.1ツール

クロスプラットフォームモバイル開発

 ■C#/.NET (Xamarin)

 □HTML/JavaScript (Apache Cordova) Update 8

 □Visual C++ モバイル開発

 ■AndroidMicrosoft Visual Studio エミュレーター (2016年1月)

 □共通ツールおよびソフトウェア開発キット

  ■Androidネイティブ開発キット (R10E, 32ビット)

  □Androidネイティブ開発キット (R10E, 64ビット)

  ■Android SDK

  ■Android SDKセットアップ(API 19および21)

  ■Android SDKセットアップ(API 22)

  ■Android SDKセットアップ(API 23)

  □Android Ant (1.9.3)

  ■Java SE開発キット (7.0.5501.13)

  □Joynet node.js

□共通ツール

 ■Git for Windows

 ■Visual Studio 向け GitHub拡張

 ■Visual Studio 拡張性ツール Update 2

 

このあたりをチェックするとかなりインストールに時間がかかります。

時間の余裕があるときに行うようにしてください。