読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

Package.appxmanifestの機能について

VisualStudio

Visual Studio 2015で新規にプロジェクトを作成した時のPackage.appxmanifestをUWP、Windows 8.1Windows Phone 8.1で比較してみました。

UWP

image

「場所」の説明はGPSになっています。

実際の定義も「DeviceCapability Name="location"」となっています。

Windows Phone 8.1

image

なぜか「近接通信」の説明がGPSとなっています。

代わりに「位置情報」の説明は「近距離通信無線またはWi-Fi Directを通じて、」となっています。

実際の定義はというと「近接通信」のときに「DeviceCapability Name="location"」となっています。

Windows 8.1

image

こちらも「近接通信」の説明がGPSとなっています。

代わりに「位置情報」の説明は「近距離通信無線またはWi-Fi Directを通じて、」となっています。

実際の定義はというと「近接通信」のときに「DeviceCapability Name="location"」となっています。

 

ちょっと前に書いたエントリなのですが、Visual Studio 2015 Update 1が出るという話が合ったのでUpdate 1をまって再検証しましたが、変わらずでした。