読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

ESP-WROOM-02 + 変換ボード(シンプル)でポケットWiFiに繋いでみた

スイッチサイエンスさんから発売直後にサクッと買っていたESP-WROOM-02ですが、買っただけで満足して放置してました。

これを試しにPlarace車両に搭載してBluetoothじゃなくてWiFiでコントロールできるようにしたらどうかなという実験をしたくて、まずはブレッドボード上で試すためにピッチ変換ボードを購入しました。

狭いピッチのはんだ付けするのが面倒だったので最初からESP-WROOM-02がピッチ変換ボードにはんだ付けしてあるものを購入しました。大人って素晴らしい。

www.switch-science.com

 

あとはこれにUSBシリアル変換を使って、PCと接続してTeraTermとかArduino IDEのシリアルモニタで接続すればいいわけです。

www.switch-science.com

ESP-WROOM-02とUSBシリアル変換の接続

まずはUSBシリアル変換からの出力電圧が3.3Vになるようにジャンパー線を切り替えます。

そして次のように接続します。

USBシリアル ESP-WROOM-02
ピッチ変換済みモジュール《シンプル版》
DTR(未接続) -
RX TXD
TX RXD
VCC 3V3
IO0
IO2
EN (10kΩを間に入れる)
RST(10kΩを間に入れる)
CTS(未接続) -
GND GND

ENとRSTをVCCに接続(プルアップという)するときは10kΩ抵抗を入れるのがよいようです。

シリアルモニタを接続

image

Arudino IDEでシリアルポートを選択したら、「シリアルモニタ」を起動します。

 

右下の設定は「CRおよびLF」、「115200 bps」です。通信速度は115200じゃないと反応してくれません。

このように設定すると、8bit、ノンパリティ、ストップビット1、115200bpsでのシリアル通信路が開きます。

image

 

ATコマンドによる動作確認

ESP-WROOM-02に対するコマンドはATコマンドという体系になってます。

まずは「AT」と送信して「OK」と返ってくるか確認してください。

https://github.com/espressif/esp8266_at/wiki/AT_Description

バージョン確認

AT+GMR

AT version:0.25.0.0(Jun  5 2015 16:27:16)
SDK version:1.1.1
compile time:Jun  5 2015 21:03:10

OK

WiFiステーションモードに変更

AT+CWMODE=1


OK

WiFiアクセスポイントに接続(WPA)

AT+CWJAP="ssid","password"

WIFI DISCONNECTED
WIFI CONNECTED
WIFI GOT IP

OK

IP表示

AT+CIFSR

+CIFSR:STAIP,"192.168.13.100"
+CIFSR:STAMAC,"18:fe:34:a3:b5:d4"

OK