読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

Windows 10 + Visual Studio 2015 + .NET Micro Framework v4.3でのハマリポイントご紹介

Windows 10新規インストール、Visual Studio 2015のみインストールという状態で.NET Micro Framework v4.3を導入した時のハマリポイントをご紹介します。

.NET Micro Framework導入

.NET Micro FrameworkCodePlexから導入します。

netmf.codeplex.com

2015/08/22現在ダウンロードできるのは、netmf-v4.3.2-SDK-QFE2-RTM.zip になります。このzipファイルを開くと以下のファイルが現れます。

  1. MicroFrameworkSDK.msi
  2. netmfvs14.vsix

 

次に、.NET Gadgeteerを導入します。

gadgeteer.codeplex.com

 

最後に、Netduino SDKを導入しましょう。こちらはNetduinoのサイトからダウンロードになります。Netduino SDKとNetduinoのファームウェアのバージョンは合わせるようにしましょう。

Netduino :: Netduino : Downloads

 

そもそもうごくの?

netmfvs14.vsixがVisual Studio 2015用ですので、そもそも動きます。

しかしハマリポイントもあるのです。

 

何が起こるの?

ビルドの際、MMP : error MMP0000: 0x80131700 というエラーが発生します。

これは.NET Micro Frameworkツール.NET Framework v3.5で作られているのが原因です。

 

どう解決するの?

対策は.NET Framework v3.5を入れるよりももっと簡単です。

http://netmf.codeplex.com/workitem/221からMetaDataProcessor.exe.configをダウンロードし、このファイル名で、以下のフォルダーに格納すれば解決します。

c:\Program Files(x86)\Microsoft .NET Micro Framework\v4.3\Tools

このconfigファイルには、startup要素が書かれておりv3.5を前提としたMetaDataProcessor.exeのランタイムとしてv4.0.30319を指定するようになっています。この指定により本来v3.5が必要なexeを.NET Framework v4.0上で動かしています。

そろそろマイクロソフトさんもMetaDataProcessor.exeをv4.0でリコンパイルしてくれていいじゃないでしょうか。