読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

Oracle Mobile CloudにXamarin用のSDKが登場

Oracle Xamarin Mobile Oracle

Oracle Mobile CloudにXamarin SDKが登場しました。

https://blog.xamarin.com/xamarin-and-oracle-join-forces-to-build-better-enterprise-apps/

 

Microsoftは、mBaaSであるMicrosoft Azure Mobile ServicesにXamarin用SDKを提供していて、Xamarinを使ったiOSアプリやAndroidアプリからAzureが使いやすいように考慮してくれていました。

オラクルにもクラウドがありmBaaSとしてOracle Mobile Cloud Serviceがあるのですが、同時にオラクルにはOracle Mobile Application Framework (MAF) もあるため、iOSアプリやAndroidアプリ作るならば、MAFを使いましょうというスタンスでした。

 

Oracle MAFというのは、Cordvaをベースにしてロジック部分をJavaで書けるようにしたオラクル独自のiOSAndroidの2つのプラットフォームに対応したモバイルアプリ開発環境です。

思想的にはOracle JDeveloperとか古くはOracle Developer 2000とかそういったところからの流れで、データベースができていればそのテーブルからO/Rマップ的な定義を経由して画面にドラッグアンドドロップでデータ表示できるような画面が簡単につくれたりします。

一方、Xamarinは、.NET FrameworkオープンソースであるMonoからの流れを受け継いでいてC#を使ってiOS/Android/Windows Phoneなどのアプリを作成することができるマルチプラットフォーム開発環境です。

 

コード例:

//Authenticate
bool success = await backend.Authorization.AuthenticateAsync("username", "password");

var storageService = backend.GetService();
var collection = await storageService.GetCollectionAsync("SampleFiles");

//Insert all types of data into storage
var newObject = new StorageObject(collection);
newObject.Name = "TestFile.txt";
newObject.LoadPayload("This is a plain text example, we can insert images or other blob data",
   "plain/text");
await collection.PostObjectAsync(newObject);