読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

オープンデータの活用について

AEDオープンデータプラットフォームでは、各自治体が公開しているオープンデータやPDFファイルなどの情報を統一したフォーマットで一括格納し、REST/JSONにて統一的なアクセス方法にてデータ提供しています。

http://hatsunejournal.jp/w8/AEDOpendata/

 

各自治体のデータには様々な項目の違いがありますが、提供していただいたオープンデータは主に以下の手順によりチェックしながらデータ投入を行っています。

  1. 県、市町村区、それ以降に住所を分割する。
  2. 緯度経度がない場合は、住所から緯度経度を求める。
  3. 緯度経度変換が難しい時にはBing MapやGoogle Mapなので目視確認しポイントする。このとき設置施設が閉鎖されている事が判明することがある。
  4. 施設に複数AEDがある場合は、AEDごとにデータを分けて設置場所にて識別できるようにする
  5. 大型施設(大学、スタジアム、公園など)の場合には、できるかぎり設置場所にあった緯度経度に調整する
  6. 施設内の設置場所が分からないときは、施設のWebサイトなどで確認する
  7. 上記で求めた緯度経度を含む情報をSQL文に変換して一括投入する
  8. 一括投入時にエラーがでたり、投入後に該当自治体の地図上にアプリで位置を表示し、あからさまにエリア外のものは詳細を確認する

このような形で頂いたデートチェックしながら投入しています。

なお、この過程で判明した不具合についてはデータ提供元にご連絡差し上げています。

現時点で、自治体網羅率25%、台数網羅率15%のですが、自治体でのオープンデータの流れが進めばより収集が加速されるものと考えます。

もちろん、Excelファイル持ち込みによるREST/JSON化などのご依頼も大歓迎ですので、ぜひ、ご活用ください。