読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

AED検索のシステム維持費について

AED Cloud

AED検索は、

  • 皆様からAEDの情報を登録してもらい、それをオープンデータとして公開するプラットフォーム
  • そのオープンデータを使った実証実験アプリ群

から構成されています。オープンデータは無料公開が前提ですが、当然、そのプラットフォーム維持にはランニングコストがかかるのではないか?というご心配を頂きました。

AED検索のデータプラットホームはMicrosoft Azureを利用しています。

現在、日本に設置されているAEDの1%のデータが蓄積されています(まだまだみなさんのご協力が必要です)。

現状のDB利用料は4MBとなります。ここから類推すると400MB程度のデータ量が必要になり、将来的なことを考慮すると1GBくらいのデータ量を保存することになります。その他に利用者情報などを登録したとしても2GBくらいでしょう。

これを元にMicrosoft Azureの利用料を計算してみましょう。

現状:約500円/月

SQL Database:約500円/月

・データ送信量:無料枠内

・Mobile Services:Free版

現状(全AEDデータ):約2000円/月

SQL Database:約1000円/月

・データ送信量:約1000円/月

・Mobile Services:Free版

将来:6791円/月

SQL Database:約2241円/月

・データ送信量:約2000円/月

・Mobile Services:約2550円/月

将来的には月額ランニングコストが月6,000円~10,000円必要なようですが、BizSparkによるAzure無料枠がありますし、Microsoft MVPのAzure無料枠もあるので、直近2~3年はランニングコスト無料でいけそうですし「将来」の状態になってからランニングコスト分をスポンサードしてくれそうなところを探すでもいいんじゃないかと考えています。

これ以外に通知機能とか使う可能性もありますが、それにしても2040円/月/50万回なので大したことないですね。10万回以下ならFreeですし。

 

ということで、Azureの料金体系が大幅に変わったり、Microsoft MVPじゃなくなってしまったり(こっちの方が可能性が高い)しない限りは特に負担なくやっていけそうです。
なので、ランニングコストの心配もありませんので、どしどし情報をお寄せください。
更新機能付きAED検索(Windowsストアアプリ/WindowsPhoneアプリ)も近々公開となります。
Xamarinを使って移植したiOS版/Android版も予定しております。
そして、AEDオープンデータ(REST/JSON)もほぼ準備が整いましたのでこちらの公開も間近に迫っております。このオープンデータには、現在位置からの最寄AED検索が行えるエンドポイントも付いていますので、いろいろ活用できると思います。