はつねの日記

Kinect, Windows 10 UWP, Windows Azure, IoT, 電子工作

VisualStudio

Visual Studio 2017がローンチされました

Visual Studio 2017がローンチされました。 インストールが早い! Visual Studio 2017をインストールしようとしてまず驚くのはインストール時間の早さです。 「何をしたいか」を選ぶことで必要な機能のみがインストールされます。 起動が早い! そしてインス…

Windows10Mobileへのデプロイが「Unexpected Error: -1988945906」エラーになったときには?

Visual StudioからWindows 10 Mobileにデプロイすると「Unexpected Error: -1988945906」が発生してデプロイできないということがありました。 Windows 10のバージョンは、Windows 10 ver.1501 (OS build 10586.545)。 いろいろ調べてみて下記のサービスが自…

Visual Studio 2015 Update 3がリリースされました。

MSNDサブスクリプションダウンロードから Visual Studio Enterprise 2015 with Update 3 Visual Studio Professional 2015 with Update 3 などがダウンロードできるようになりました。 Update 3の内容は(いまはまだRCと表示されますが)リリースノートに詳…

Xamarinで始めるAndroidアプリ作成(その3)

Xamarin.FormsがサポートしているAndroidのバージョンをおさらいしてみましょう。 https://developer.xamarin.com/guides/xamarin-forms/getting-started/installation/#android 公式ドキュメントによれば Android 4.0.3 (API 15) or higher iOS 6.1 or high…

Xamarinで始めるAndroidアプリ作成(その2)

前回のつづきです。 インストールが無事に完了したら、早速、Visual Studioを起動してみましょう。 [ファイル]-[新しいプロジェクト]メニューをクリックすれば言語ごとに作成できるテンプレート一覧が表示されます。 Android / Cross-Platform / iOSあたりが…

Xamarinで始めるAndroidアプリ作成(その1)

build 2016で発表があったようにVisual StudioユーザーであればXamarinは無料で使えます。 例外は、企業ユーザーでVisual Studio Expressを使っている開発者さんだけですね。 個人開発者やOSS開発者であえば、Xamarinのサイトから無償のVisual Studio Commun…

Netduino連載の最終回が公開されました

www.buildinsider.net ソフトウェア開発者だって、得意なプログラミングと組み合わせて電子工作をやりたくなる、そして、やった先に新しいアプリのアイデアが生まれるかもと始めたNetduino連載もいよいよ最終回です。ぜひ、拡散と、そして感想をよろしくお願…

Visual Studio for Androidが更新されました

2016/01/12にVisual Studio for Androidが更新されて、1.0.60106.1になりました。 この更新が行われる前、Visual Studio 2015 Update 1をアンインストールして再インストールしようとすると、 Visual Studio for Androidのインストールが失敗していました。 …

BuildInsiderでNetduinoでPLEN.Dを動かす記事が公開されました

www.buildinsider.net

Friendlyで自動テスト

弊社製品担当になって、WPFで作られているということでMVVM化したりUnitTestをソリューションに追加したりときたるべきUWP化に向けて準備をしてきました。そして、UIテストツールとしてちょっと調べてみたFriendlyが良かったので正式利用開始。 www.codeer.c…

Friendlyを使ってみた

Friendlyを使ってみた。エヴァンジェリストキットを落としてきて確認。まずはちょっと戸惑った。クラスライブラリになっているけど、これどうするの?と。 ... 「FriendlyはVisual Studioのテストフレームワークを拡張するテスト自動化ライブラリです」なん…

Package.appxmanifestの機能について

Visual Studio 2015で新規にプロジェクトを作成した時のPackage.appxmanifestをUWP、Windows 8.1、Windows Phone 8.1で比較してみました。 UWP 「場所」の説明はGPSになっています。 実際の定義も「DeviceCapability Name="location"」となっています。 Wind…

.NET Micro Framework最新バージョン状況

2015/09/19現在の最新版 下記については、Visual Studio 2015 + Windows 10での稼働確認が取れています。 .NET Micro Frameworkの最新版は、SDK v4.3 (QFE2-RTM) http://netmf.codeplex.com/ netmf-v4.3.2-SDK-QFE2-RTM.zip Microsoft .NET Micro Framwork S…

Netduino連載の11回目が公開されました。

www.buildinsider.net 前回に作成したモーター制御にBluetooth通信機能を付けて、Universal Windows Platformアプリでコントロールできるようにしました。 無線でコントロールできるようになるとなんかに組み込みたくなる度合いが一気に上がりますね。

FEZ Cerb40 IIの後継機種G30HDRが入手可能になりました

.NET Micro Frameworkが動作するSoMとして最近よく使っていたFEZ Cerb40 IIですが、最近代替わりが始まり後継機種としてG30HDRが登場しました。 デバイスドライバーズさんにお願いして早速G30HDRの取り扱いを始めてもらいました。 http://tinyclr.jp/product…

番外編としてWindows 10 + Visual Studio 2015で.NET Micro Framework v4.3を使う方法をご紹介しています

Windows 10+Visual Studio 2015でNetduinoアプリを動かすには?www.buildinsider.net BuildInsiderのNetduino連載に新しい記事が追加されました。 今回は番外コラムとして、Windows 10とVisual Studio 2015で.NET Micro Framework v4.3を使う方法をご紹介し…

Visual Studio 2015 Expressはここからダウンロードできます。

Visual Studio Communityが登場して2015ではExpressが提供されないという話もありまいた。でもOSSじゃない企業ユーザーさんもご安心を。 Visual Studio 2015 Expressはここからダウンロードできます。 Visual Studio Express Express for DesktopWPFアプリの…

Netduino連載の9回目が公開されました。

サーボモーターをコントロールしようwww.buildinsider.net サーボモーターをPWMを使ってパルス制御するお話になります。

Windows 10 + Visual Studio 2015 + .NET Micro Framework v4.3でのハマリポイントご紹介

Windows 10新規インストール、Visual Studio 2015のみインストールという状態で.NET Micro Framework v4.3を導入した時のハマリポイントをご紹介します。 .NET Micro Framework導入 .NET Micro FrameworkはCodePlexから導入します。 .NET Micro Frameworknet…

Netduino連載の8回目が公開されました。

<a href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/08" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/08">GR-PeachボードとMicrosoft Event Hubでクラウド集計</a> www.buildinsider.net SSL通信が可能なGR-Peachを使ってAMQPS通信でEvent Hubにデータ送信する方法を紹介しています。

littleBits + Netduino

littleBitsにはモジュールがありますが、.NET Micro Frameworkガジェッターが外してはいけないのが「PROTO」モジュールです。 PROTOを使って、littleBitsモジュールからNetduinoのアナログ入力に入力したり、PWM出力からlittleBitsモジュールに出力したりが…

Visual Studio 2015

Windows 10も正式リリースされるので、いよいよVisual Studio 2015を入れようって人も多いのではないでしょうか。 Visual Stduio 2013まではx86です。 でも、Visual Studio 2015からはx86 or x64という表記に。 あと出ないと思われていたVisual Studio Expre…

Netduino連載の7回目が公開されました。

&amp;amp;lta href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/07" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/07"&amp;amp;gtNetduinoの計測結果をクラウド集計&amp;amp;lt/a&amp;amp;gtwww.buildinsider.net Netduinoで取得した室温を…

Olympus AIRの通信仕様書アルファ版が公開されていた

&amp;amp;lt;a href="https://opc.olympus-imaging.com/tools/sdk/" data-mce-href="https://opc.olympus-imaging.com/tools/sdk/"&amp;amp;gt;CAMERA KIT FOR DEVELOPERS&amp;amp;lt;/a&amp;amp;gt;opc.olympus-imaging.com OPCのアプリをWindows Phone用に…

CodezineにXamarin用コントロールXuniの記事が公開されました。

&lt;a href="http://codezine.jp/article/detail/8828" data-mce-href="http://codezine.jp/article/detail/8828"&gt;Xamarin.Formsの弱点、グラフ表示を補強できるコンポーネント「Xuni」を使ってみた&lt;/a&gt;codezine.jp

Netduino連載の6回目が公開されました。

&amp;amp;lt;a href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/06" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/06"&amp;amp;gt;Netduinoシリアル通信(I2C)で複数機器接続&amp;amp;lt;/a&amp;amp;gt;www.buildinsider.net I2C接続機器…

Netduino連載の5回目が公開されました。

&lt;a href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/05" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/05"&gt;Netduinoシリアル通信(I2C)でLCD表示&lt;/a&gt; www.buildinsider.net I2C使った出力になります。このLCDの情報をなかな…

Netduino連載の4回目が公開されました。

<a href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/04" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/04">Netduinoシリアル通信(I2C)の基本</a>www.buildinsider.net 第4回目はI2C入力について取り上げました。 Arduinoに比べてNetduinoでは情報が少ないI2Cについて汎用クラスの作成も含めて紹介しています。BuildInsiderの掲載ページでの「いいね!」「ツイート」「…

すべての環境にVisual Studio / すべての開発者がWindows 10 Apps

米国サンフランシスコでBUILD 2015が絶賛開催中です。 Day 1からすでに新発表全開。 Visual Studio Code Visual Studioのエディタ機能を抜き出したようなVisual Studio Code。今まではMonacaみたいなWebベースはありましたが、これはインストールベース。 fo…

Netduino連載の3回目が公開されました。

&lt;a href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/03" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/03"&gt;Netduinoアナログ入力の基本(温度センサー活用)&lt;/a&gt;www.buildinsider.net 第三回目はアナログ入力について取り上げ…

Netduino連載の2回目が公開されました。

<a href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/02" data-mce-href="http://www.buildinsider.net/small/netduino/02">Netduino、まずは基本のLチカ</a>www.buildinsider.net ハード界のHello, WorldことLEDチカチカ、通称、Lチカを試してみました。

OPCはOlympus AIRになります!

テスターに選ばれてHack中のOPCが3/6にOlympus AIRとして製品版発売になったとニュースリリースでました。http://www.olympus.co.jp/jp/news/2015a/nr150205opcj.jsp オリンパスさんのサイトでは発売記念キャンペーンの販売予約が始まっています。https://sh…

Raspberry Pi 2にはWindows 10が乗ります

Windows 10 Coming to Raspberry Pi 2 Windows 10は実装先のハードによって"Industry"、"Mobile"、"Athens"というセットを計画しています。そのほかにEmbedded Compactと.NET Micro Frameworkまで加えてMicrosoftのIoT向けの戦略になってきます。 このあたり…

OLYMPUS OPC Hack &amp; Make Projectに選定されました

http://opc.olympus-imaging.com/ OLYMPUS OPC Hack & Make Projectは、OPC = Open Pratform Camera、SDK (Android / iPhone)、3Dデータをオリンパスさんが提供し、アプリやアクセサリを作成するプロジェクトです。 このプロジェクトにTMCNのたけせんさんと…

Xamarin.AndroidにHVC-C SDKを移植

現在、オムロンさんのHVC-Cベータ版モニターに参加しています。 何かアプリをつくらないといけないのですが、それよりもVisual Studioでアプリを構築できるように集中しちゃった結果がこれです。 もちろん正統派なEclipse + ADTでJavaというのもやってはみた…

Xamarin.Androidで地図を使う

Google Maps Android API v2を利用できるようにする Androidアプリ署名用キーストアからフィンガープリントを取得 コマンドプロンプトでkeytoolを起動しAndroidアプリ署名用キーストアからフィンガープリントを取得します。以下の説明では、デバッグ用のキー…

Visual Studio Community 2013の日本語紹介ページの記載が明快になっていました。

過去記事: Visual Studio Community 2013の日本語紹介ページにある合致するユーザの解釈について - はつねの日記 過去記事: Visual Studio Community 2013の日本語紹介ページに重大な記述漏れ - はつねの日記 公開当時の原文と日本語訳の違いについて記述…

Visual Studio Community 2013の日本語紹介ページにある合致するユーザの解釈について

--(2014/12/09 0:31追記)-- 公開当時の原文と日本語訳の違いについて記述したエントリでしたが、現在は日本訳も追い付いていますし、図解やQAなどで実は原文よりも分かりやすいです。 マイクロソフトがVisual Studio Community 2013に込めた思いを考えると、…

VS拡張もつかえるVisual Studio無料版が公開されました

個人開発者やNPOなどBizSparkの要件がカバーできない範囲も網羅できる無償のVisual StudioであるVisual Studio Community 2013が公開されました。 http://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-community-vs 従来のExpressと違い、VS拡張が使…

Netduinoをつないでみよう

.NET Micro Frameworkの導入 https://netmf.codeplex.com/releases/view/133285 このサイトから最新版のzipをダウンロードしたら、そこから2つのファイルを実行します。 1つ目は、MicroFrameworkSDK.MSI。これでSDK本当をインストールします。 もう1つは…

ComponetOne Studioの記事が公開されました。

&amp;amp;lt;a href="http://codezine.jp/article/detail/8118" data-mce-href="http://codezine.jp/article/detail/8118"&amp;amp;gt;ComponentOne Studioの地図コンポーネント+オープンデータでマッシュアップしよう&amp;amp;lt;/a&amp;amp;gt; Component…

Vsiaul Studio 2013対応の.NET Micro Frameworkがβ提供されました。

&amp;amp;amp;lt;a href="http://netmf.codeplex.com/" data-mce-href="http://netmf.codeplex.com/"&amp;amp;amp;gt;.NET Micro Framework&amp;amp;amp;lt;/a&amp;amp;amp;gt; .NET Micro Framework - Home .NET Micro Frameworkって何?と初耳の方もいるか…

Kinect SDK 2 Public Previewでのストアアプリ作成

Nugetからの導入 Kinect SDK 2 Public PreviewはNuget (Microsoft.kinect) から導入できますが、.NET Framework 4.5.1にはまだ導入できません。 http://www.nuget.org/packages/Microsoft.Kinect/ でも、Nugetから導入しようとすると次のようなエラーが出て…

Visual Studio “14” CTP 3 Released

Visual Studio “14” CTP 3がリリースされました。 14はバージョン番号であって2014年に登場するというものではありません。Visual Studio 2013はバージョン12なので見事に13を飛ばしたことになります。 CTPとは、Community Technical Previewという意味で、…

Xamarinビルドマシンの導入

なかなか踏ん切りがつかなかったのですが、いろいろ検討した結果、ちっちゃなXamarinビルドマシンが自宅開発環境に仲間入りしました。 もちろん、最初に訪れたサイト&最初にダウンロードしたアプリ&最初にインストールしたアプリはこれ。 これでWindowsPho…

Visual Studio 2013 Update 2のJSONビジュアライザーが便利

Visual Studioには変数の内容を見やすくするビジュアライザー機能が標準装備されています。 Visual Studio 2013 Update 2では、そのビジュアライザーがJSONフォーマットにも対応しました。 JSONビジュアライザーがないときはテキストビジュアライザーでテキ…

Visual Studio "14" CTP release !

Visual Studio "14" CTPがリリースされました。 http://support.microsoft.com/kb/2967191 CTPはCommunity Technical Previewsなので、興味のある人、不具合などを報告する人を対象にしているバージョンです。 RoslynがVB/C#に提供されていたり、VBでリファ…

de:codeに参加する新人ちゃんにミッション提示

de:codeに参加する新人ちゃんにミッション提示 (1)セッション聞いたら1つでもいい、初歩的な質問でもいいのででかならず質問すること。その場、もしくはAsk the Speekerで ... (2)初日パーティは必ず出席すること。 名刺交換し、自分の業務を守秘義務違反し…

今年はVisual Studioを中核にしたマルチプラットフォームが熱いですね。

.NET系ならxamarinでiOSやAndroidもVisual Studioで。HTML5系ならCordova(PhoneGap)でiOSやAndroidもVisual Studioで。という戦略なんでしょうね。 ではどちらがいいか。HTML5系はどっちにしろIEなどブラウザ系エンジン上でインタープリター的な実行となるの…

Visual Studio 2013 Update 3 CTP1

http://support.microsoft.com/kb/2933779 Visual Studio 2013 Update 2がRTM(製品版)になったとおもったら、Update 3のCTP 1が始まりました。Community Technical Previewなのでまだまだ品質とかに難があるかもしれませんし英語版オンリーですが次にどんな…